きゅうりで書いた染み

移行しました。 大学5年生の負け組クズによる思い付きの記事や書評など

国連加盟国193カ国すべてを一言で表してみた

パッと、国名だされたら「あぁ、あの国ね」くらいになりたいやん。と思った管理人は、

国連加盟国193か国+αか国を、一言で表すという暴挙に出るにした。

一応、追加の説明文のなかに太字の第二候補も述べている。

注 世界史に依拠している部分が多いので、世界史知らん人説明文の太字参照。あと、太字の方が現代のその国の社会を反映している部分が多い気がする。

 地方の分類は自分流。

 

YouTubeチャンネルgeographynowを参考にしました。 

 

〈東アジア〉5か国+1

1.日本 菊と刀

 菊と刀とは、ルースベネディクトの著書『菊と刀』から。アメリカの文化人類学者のルースベネディクトは、敵国として第二次大戦中日本を分析し、日本を天皇制(菊)と武士道(刀)の国であると表現した。ちなみに、管理人は読んだことがない(^ν^)

 GDPは世界3位(約500兆円)で、首都東京は世界最大の都市。主要輸出産業は車。まあ、自分の国やし知ってるやろ。

 ほかの日本の特徴…sushi geisha karate temple ramen anime wierdthings wierdcosplay〜

 

2.中国 世界一の人口

 13.8億人。世界人口75億のうち見て20%弱が中国人である。2015年まで一人っ子政策をやっていたため増加率は低く、出生率は現在日本よりやや多い程度である。

 GDPは1000兆円を超える世界二位で、世界の大企業ランキングでは中国4大銀行が幅を利かせている。都市で見かける高い建物はだいたい銀行。

 また、アリババを筆頭にITも発展していて、電子マネーが浸透。路肩の汚い屋台にも電子決済用のQRカードがあるほど。LINE・GoogleYouTubeは政府が規制していて使えない(代わりが百度)。

 (一応)共産主義の国なので、街の至る所に広場があり、地方都市ではおっさん達の娯楽の場となっている。

 反日感情のイメージがあるが、若者はあえて政治の話避ける空気がある。ただし、やはり抗日戦争が共産党の建国神話みたいなもんで、抗日ドラマや歴史記念館は盛ん。

 

3.大韓民国 造船輸出世界一

  朝鮮半島の南の方で、朝鮮戦争において西側陣営についた方。

 現在のイメージは、サムスンヒュンダイ・LGのとこ。あとロッテ。上記三社は財閥を形成している。沿岸部の多くががリアス式海岸になっていて、造船に適しているため世界一位。

 歴史的に儒教支配の長い国であるが、キリスト教も強く(統一教会)、世界一布教熱心なキリシタンは韓国である。

 1910年〜45年の韓国併合の歴史があるため、色々な意味で日本とは関わりのある国。思いもよらぬ所で文化的な交流があったりする。韓国併合以前では、飛鳥時代はとくに朝鮮半島との繋がりが強い(百済)。

 

4.DRPK(北朝鮮) 軍事費/GDP世界一 

 金将軍の国。現行経済はご覧の有様だが、戦後初期は早く経済発展を遂げて、北朝鮮は夢の国とか言われたこともあった。

 ほかの世界一でいうと、世界一でかい石塔と、世界一でかいサッカースタジアムは北朝鮮にある。

 ジョーブログの北朝鮮に行った動画が面白かったのでおすすめ。

 

5.モンゴル 元最強の騎馬民族帝国

 13世紀はモンゴルの時代である。初代チンギスハンからユーラシア大陸を怒涛の勢いで支配、5代目フビライの頃最盛期で中華を支配して元を建国する。

 13世紀後半からモンゴル帝国は分裂するも、ロシア・中央アジア等で支配を続ける。それ故、ロシア・中央アジアでは現在もモンゴル時代の名残が残っているらしい。具体例?そんな事までは知らんよ

 

(補) 台湾 高砂族

高砂族」とは、日本が台湾統治において現地人を指した言葉。現在は死語。1895年から1945年まで日本の施政下にあった。

玉山は富士山より高く、戦前は「新高山」と呼ばれ、日本最高峰の山とされた。

中国の国共内戦に際し、蒋介石中華民国軍が最後の根拠地とし、現在まで主権国家として曖昧なポジションにいる。中華民国の影響か文字は繁体字の使用であり、言語は台湾語。国立故宮博物院は世界四大博物館に数えられ、蒋介石が持ち込んだ中国の宝物が展示されている。

 

〈東南アジア〉11か国

6.ミャンマー アウン=サン=スー・チー

旧称ビルマ。アウン=サン=スー・チービルマ建国の父アウンサン将軍の長女で、非暴力民主化運動の指導者としてノーベル賞も受賞。現大統領はウィン・ミンで、スー・チーは現在国家顧問として権力を握っている。

宗教における多数派は仏教だが、他民族国家であり、イスラム教徒のロヒンギャ(ベンガル人)問題で世界の注目を集めている。

 

7.タイ 上座部仏教

タイの仏教は、日本や中国といった東アジアの大乗仏教とは系統が大きく異なっている。黄色の袈裟を着た托鉢僧が電車で席を譲られているイメージ。バンコクを中心に「ワット(寺)」と呼ばれる蟻塚のような見た目の寺院がたくさんあり、日本人の観光客も多い。

世界で数少ない、非帝国主義の国でありながら植民地にされなかった国である。太平洋戦争時に日本が「ロームシャ」を使って敷設した泰緬鉄道は有名。

タイ語の文字は特徴的でかわいい。

 

8.ラオス 世界一空爆された国

 東南アジア諸国はどこも発展著しいが、ラオスは比較的素朴な風景を維持している。悪く言うと発展が遅れている(アジア最貧国)。

 ベトナム戦争時に大量の爆撃にあい、世界一空爆された国として有名。そのことは、クラスター爆弾が世界で禁止されるきっかけにもなった。現在でも不発弾が多く残留するほか、爆弾の残骸を船や鉢植えとして再利用しているところがよく見られる。言語(ラーオ語)はタイ語と親戚。

 

9.ベトナム アオザイ

ベトナム戦争時の北ベトナム(共産主義)が統一し、現在に至る。

 

 

10.カンボジア クメール・ルージュ

カンボジアの民族はクメール人という。

共産主義武装組織クメール・ルージュの指導者ポルポトは独裁者として有名。大量虐殺が行われた場所は「キリング・フィールド」と称される。

 

11.マレーシア 9人のスルタン(王)制

国土は主にマレー半島カリマンタン島の一部からなる。イスラムの王制国家。政治システムが特徴的で、9つの地域のスルタン(王)がローテーションしながら政権を担う。

マレー人優遇政策のプミプトラ政策を断行し、反発した華人の富裕層などがシンガポールへ流出。

 

12.シンガポール 華人の経済先進国

一人当たりのGDPは日本を上回り、シンガポール大学はアジア屈指の名門。NIESに数えられる。マレー海峡の目鼻先で開運の要衝であるほか、シンガポール空港もアジアのハブである。

カジノとマーライオンのとこ。

 

13.フィリピン ブラックナザレ

東南アジアのキリスト教国。ブラックナザレとは黒く焦げたキリスト像に向かって大群が押し寄せる大祭。クレイジージャーニーで見た。

旧宗主国アメリカ。アメリカの統治はマッカーサーが主導し、経済発展や住民の反発が少なかった点で、成功した植民地統治であったといえる。これは、太平洋戦争後日本の連合国統治の指標となる。

 

14.インドネシア 世界最大人口のムスリム

人口がめちゃ多く、世界最大人口の島嶼国でもある。

赤道直下のため熱帯雨林が豊富で、多様な生物がいる。ラフレシア・オランウータンとか

噴火で恐竜を絶滅させた疑惑がある巨大火山がある。

 

15.ブルネイ 産油金持ち王国

石油が出る。カリマンタン島の一部の小さい国でありながら、羽振りのいい国。ムスリムの王族はいかにもリッチ感を醸し出す。

 

16.東ティモール 東南アジア唯一のポルトガル語

21世紀最初の独立国として、2002年にインドネシアから独立。「ティモール」とは、東と言う意味である。東東。

東南アジア唯一のポルトガル語圏である。

 

中央アジア〉5カ国

17.カザフスタン 肉好きのカザフ(≒コサック) 

カザフスタン人は世界で二番目に肉を食べる。1番は狼である」というジョークがあるらしい。

「カザフ」とはコサックと同義。

世界最大の内陸国である。

 

18.キルギス(タン) 叙事詩『マナス』

『マナス』という叙事詩が彼らのアイデンティティらしい。詳しいことは知らぬ。

 「誘拐感」という奇習がある。詳しくはクレイジージャーニー。

 顔が日本人に似ている。

 

19.ウズベキスタン (未)

 

20.タジキスタン ペルシャ系のタジク

眉毛が繋がっている女性が美人らしい。

ペルシャ系。

 

21.トルクメニスタン テュルク系のトルクメン

「トルク」の通り、トルコ系(テュルク系)である。「テュルク系」という言葉についてはややこしいのでトルコのとこで後述。

 

〈南アジア〉7

22.インド アーリア人(北)とドラヴィダ人(南)

よくイメージするインド人はインドアーリア人である。インドは東西南北で文化的差異が大きく分かれ、特に南北では顔も違う。ドラヴィダ人は東南アジア系の顔つき。

仏教の発祥地「天竺」でありながら、現在のインドではほぼ消滅。カースト制を生み出したバラモン教の流れをくむヒンドゥー教が多数派。牛を食べない方のやつ。ただし、シク教イスラム教といった他の宗教も多い。

カレー。スパイスの天国。「ベジタリアン(×ビーガン)」の割合が世界一高い。つまり、卵やハチミツは食う。

数学が得意(ゼロの発明、ラマヌジャン)。最近はハイテク産業やITでキテる。バンガロールはインドのシリコンバレーと呼ばれる。

 

23.パキスタン モヘンジョ・ダロ遺跡、ムスリム

ムスリムが多数で、インドから独立。モヘンジョ=ダロ遺跡、つまり古代インダス文明パキスタン中心だった。

 

24.バングラデシュ ベンガル人

ベンガル人の国バングラデシュ

ムスリムが多数で、インドから独立したパキスタンから独立。独立以前はパキスタンの飛び地であった(パキスタンはインドの西で、バングラデシュはインドの東)。

人口が多く、人口密度も半端ない。海抜が低い上に降水量が半端なく、洪水が多発。惨事になる。

 

25.ネパール 最強の山岳戦闘集団グルカ兵

長方形じゃない特徴的な旗の国。ヒマラヤ山脈の一部

 

26.ブータン チベット仏教

男前の国王がいるところで、チベット仏教の寺(ゾン)を中心に地方の行政を統治している。

一方で南方にはイスラム教徒もおり、国家としてはチベット仏教推しなので、民族問題もあるもよう。

世界一環境に優しい国で、世界一幸福度が高い国。(諸説あり)ただ、観光して美しい国であることは間違いない。観光に関しては、厳格な入国規制がされており、ツアーを通じてしか旅行できない。

 

27.スリランカ 仏教を守った獅子の子孫

インドすぐ南にある島国で、仏教が消えたインドとは対照的に守り続けたスリランカ。見応えのある遺跡がたくさんある。

旧称はセイロン。セイロンティーで有名。

首都はスリジャワ・ワルダナ・プラコッテというくそ長い名前で、管理人は中学生のときドヤ顔で覚えた記憶がある。

 

28.モルディブ セレブのハネムー

セレブがハネムーンで行くところ、青い海が綺麗。世界一海抜が低い。

観光向けのリゾート地に対して、居住地では厳格なイスラムの習慣が守られている。

 

〈中東〉16

レンティア国家: クウェートバーレーンカタールUAEオマーン

アフガニスタン・イラン・イラク・トルコ・シリア

イスラエル周辺 : イスラエルレバノン、ヨルダン

サウジアラビア

イエメン、キプロス

 

29.アフガニスタン パシュトゥーン人

目の色が綺麗なパシャトゥーン人という人種。

 

30.イラン ペルシャ

 

31.イラク メソポタミア

ティグリス川、ユーフラテス川流域の、いわゆるメソポタミア

最近ではクウェートに侵攻した湾岸戦争

 

32.トルコ アナトリア(東ローマ帝国オスマン帝国)

「テュルク系」民族とは、中央アジアに発祥した民族で、トルコ人の祖先にあたるもの。トルコ人はテュルク系の一流派に過ぎないので、テュルク系と区別する。

トルコはオスマン帝国第一次世界大戦後崩壊し、共和国となったもの。

主要都市イスタンブールは、旧称コンスタンティノープルビザンチウムで、西洋と中東を繋ぐ中継地点として極めて栄えた都市である。イスラム教とキリスト教文化が共存する。ちょっと掘ったら山ほど遺跡や文化財が出てくる超歴史都市である。

トルコ料理は中華・フレンチと並んで世界三大宮廷料理の一つ。

 

33.シリア アサド政権

ISIS、反体制勢力、アサド政権の三大勢力が三つ巴の争いを繰り広げる治安の悪いところ。

 

34.レバノン フェニキア(アルファベットの発明)

中東地域であるが、砂漠はない。アルファベットを発明したフェニキア人の根拠地。

 

35.イスラエル 聖地すぎて荒れてるとこ

首都はテルアビブ(Tel Aviv)。見るからにハイテクな雰囲気が出てるが、ハイテク産業が盛ん。

エルサレムを首都にすると荒れるところ。

ヴィーガンの割合が世界一多い。

 

36.ヨルダン 難民受け入れ世界一

イスラエルの隣国であるので、多人数のイスラエル難民を受け入れている。

 

37.サウジアラビア 政教一致の大国

サウジアラビアアラビア半島の中央に位置する大国であるが、政治的には保守的。政教一致を貫き、憲法はない(イスラム法)。

 

38.クウェート 湾岸戦争

ペルシャ湾の入り江の奥に位置する小さな国。湾岸戦争イラクに攻められる。

UAEカタールと同じく、石油開発を餌に企業に土地を貸して稼ぐ「レンティア国家」。レンティア国家の特徴として、住民人口に対して国民が極めて少ない(過半数を余裕で切る)ことが挙げられる。

クウェートの特徴としては、水が無い国なので、世界で最初期に海水を真水に変える技術を実用化・一般化した国とされる。

 

39.バーレーン 酒と女のぱらだいす

保守的な国家のサウジアラビアから、一時の快楽を求めて人がやってくる。バーレーンサウジアラビアと橋で繋がった島国で、飲酒の規制が無い。

発音はバーレーンじゃなくて「ばふれーん」ってのが正確。

 

40.カタール アルジャジーラ

首都ドーハは中東を代表する金融センター。また、報道機関アルジャジーラがある。

 

41.UAE 世界一高い建物ブルジュ・カリファ

言わずと知れたバブルの国、ドバイ。

 

42.オマーン マスカット船

 

43.イエメン カーゴ(葉っぱ)とジャンビーヤ(剣)

日本が菊と刀の国なら、イエメンはカーゴとジャンビーヤの国である。イエメンは中東でも石油が出ない国で、それゆえ開発の遅れた、貧国に数えられる国である。一方で文化的には、現在でも帯刀の習慣(ジャンビーヤ)が残っていたりと興味深い。カーゴは噛みタバコみたいなやつ。飲酒喫煙ができないゆえの娯楽。

 

44.キプロス ギリシャ

キプロスはトルコの東で、地中海にある島国。ちょうどギリシャとトルコの中間地点である故、両国の綱引きが展開される場所である。一応ギリシャ側との見方がしやすいが、現在実態としては北キプロス南キプロス、中央地帯の三地域に分裂している。それぞれトルコ・ギリシャ・イギリスの勢力圏。

 

コーカサス3か国〉

45.ジョージア 最もムスリムに親しいキリシタン

46.アルメニア 38つのアルファベット

47.アゼルバイジャン 優しいシーア派ムスリム

 

〈ヨーロッパ〉

東スラヴ(3カ国)

48.ロシア 国土最大の大国

かつて二大勢力の筆頭であった旧ソ連。石油輸出では毎年サウジアラビアと一、二位を競る。ボルシチピロシキペレストロイカ・グラスノチ。経済力では先進国から一歩引いた地点にいるが、ソ連時代からの宇宙開発では先進していたりと存在感を示す。

近年ではクリミア併合以後、国際社会で孤立気味。

日本との関係では北方領土問題が未解決。

 

49.ウクライナ キエフ公国

ウクライナはロシア以上にロシア。

 

50.ベラルーシ ルカシェンコ(ソ連好きニキ)の独裁

ベラ=白、ルーシ=ロシアを意味し、白は東を意味する(陰陽五行思想から)。

 

 

バルカン半島(11カ国 +1)

51.セルビア 旧ユーゴの中心地(ベオグラード)

ユーゴスラビアの中心地であり、ユーゴスラビア解体以後もセルビアから相次いで独立国が出る。

 

52.モンテネグロ 最近セルビアから独立

「黒い山」という意味。

 

53.クロアチア 首相が巨乳

ネクタイの発祥。

 

54.ボスニア・ヘルツェゴビナ サラエボの薔薇

第一次世界大戦の発端になったサラエボ事件で有名なサラエボがある。サラエボボスニア・ヘルツェゴビナ紛争にて戦場になり、その当時にできた爆発跡が「サラエボの薔薇」と呼ばれるものである。

 

55.アルバニア 双頭の鷲

東欧の中でもトップクラスに渋カッコいい国。

国のシンボルは双頭の鷲で、宗教を信じない無神国家。冷戦時代に作られたトーチカがそこらじゅうにある。アルバニア語は周囲のロマンス語・スラヴ語といった語族から独立したユニークな言語である。

 

56.ブルガリア 薔薇とヨーグルト

明治のヨーグルトだけに、本場ブルガリアもヨーグルトが人気。もう一つのブルガリアのシンボルは薔薇。

冷戦時代にはちょうど東西の中間地点に位置し、NATOにもワルシャワ条約機構にも加盟せず、仲人的役割を演じる。

世界一人口減少が深刻な国。

 

57.北マケドニア 名称問題で荒れてたとこ

マケドニア」は紀元前に大帝国を築いたアレクサンドリア大王の故郷で、その名を名乗る上で周辺国家から激しい反発があった。近年では「北マケドニア」で落ち着いたらしい。

 

58.ギリシャ ギリシャ帝国

ギリシャ帝国。ゼウス様。人口に対する遺跡の数が半端ない。また、ギリシャ語は世界で最も古い生きた言語と言われている。(諸説あり)

世界一セックスしてる国。ブラジルより上。

大家族主義。つまり、実家で親・祖父・兄弟・親戚にかくれてコソコソやってるか、「アンタ!ちゃんとゴム使うのよ!」とか言われながらやってるか、「強くなりたくば、喰らえ!」とか言われてるかのいずれかである。

 

59.スロベニア スキージャンプ 

 

60.ルーマニア ドラキュラ城


61.モルドバ ソ連ルーマニアの引っ張りだこ

民族的にはルーマニアとさほど変わらない。

 

(補)コソボ イスラム

 

中欧+ (7)

神聖ローマ帝国オーストリアハプスブルク家が権勢を誇った地域

チェコ・スロバキアオーストリアハンガリー、ドイツ・ポーランドリヒテンシュタイン

 

60.オーストリア ハプスブルグ家

名門ハプスブルク家オーストリア帝国。学問がハイレベルな事で知られる(ウィーン学派など)。大国としてのオーストリア第一次大戦までであった。

 

61.ハンガリー フン人(騎馬民族)の末裔

フン人・マジャール人(モンゴル系?騎馬民族)の末裔と言われている(主張している)。ゆえにHungary 。パプリカと温泉が好き。地形としては盆地で、夏暑くて冬寒い。

 

62.チェコ プラハの春

63.スロバキア (未)

64.ポーランド (未)

 

65.ドイツ EUの盟主

ドイツがEUの盟主たる所以は、その経済力と人口である。経済力は言わずもがな、EUは国の人口を決議要件として重視しているので、EU最大人口のドイツは当然力が強くなる。

歴史上の存在感では、ビスマルクナチスの印象が強いが、MウェーバーやKマルクスなどの思想家の輩出も歴史への影響は莫大。

第二次大戦後は連邦制国家で、連邦単位で見ると地方分権が非常に進んでいる。

また、財政・インフレ率・経済成長率・失業率のいずれを見ても健全で、優等生らしい。

再生可能エネルギーの使用割合が世界一。ビスマルクの時代から社会保険の先進国である。欧州中央銀行の本部はフランクフルト。

 

66.リヒテンシュタイン 企業>人口 のタックスヘイヴン 

かつは神聖ローマ帝国の弱小領国であったが、弱小さゆえにナチスにもスルーされ、独立をちゃっかり維持し続ける。戦後タックスヘイブンで人口よりも企業が多くなる。大公国で、かなり保守的なキリスト教。大公室が金融などを掌握し、実質的にも大公が国を支えている。

 

バルト三国

バルト三国の共通の特徴として、旧ソ連でいち早く独立したこと、男性に対する女性比率が相当高いこと、それに関連して美人が多いこと、キリスト教の伝播が遅かったことなどがある。

 

69.エストニア フィン系(フィンランド)のIT先進国 

他のバルト三国との違いは、フィンランド寄り(北欧寄り)なところ。

SkypeLinux

石が多い。stonyなEstonia と覚えよう。

 

70.ラトビア マルチリンガルのドイツ騎士

 

71.リトアニア 北のエルサレム

戦前は北のエルサレムと呼ばれるほどユダヤ教徒が多かった。杉原千畝リトアニア大使でビザを発行しまくった。十字架の谷というホラースポットがある。

 

北欧

スカンジナビア3カ国+デンマークアイスランド

72.ノルウェー 冬季五輪鬼強い福祉先進国(ノルディックモデル)

福祉国家として先進的なモデルを持つうえ、海上で石油も出る為国民の所得が非常に高い。

 

73.スウェーデン 社会科学の実験国家

世界初の中央銀行ができたのはスウェーデンである。ストックホルムは金融センターであり、金融先進国。

また、北欧型のさまざまな福祉国家政策を世界に先んじて講じている。先んじすぎたせいか、失敗もしばしばしている。

 

74.フィンランド サウナ・サンタ・サルミアッキ

 

75.デンマーク バイキングの発祥

LEGOアンデルセン

 

76.アイスランド  地熱発電

地熱発電で有名。地熱発電による発電量は世界一。ちなみに、日本は地熱発電のポテンシャルは高いが温泉に使いすぎて地熱発電はあんまり。

世界で1番難しい言語とも言われている。

また、少ない人口のコミュニティ的な社会で、世界一治安がいい。

 

ベルネクス3か国

77.ベルギー (未)

78.オランダ(Netherland) 国際法の父グロティウス

79.ルクセンブルク 鉄鋼のガリバー(アルセロールメタル)

 

西欧 (11+2)

英仏伊西葡+アイルランド+スイス

ミニ国家×4

 

80.イギリス かつての大英帝国 

産業革命はイギリスから始まる。これゆえ、18・19世紀はイギリスの覇権時代。

 

81.アイルランド ケルト

世界史的にはアイルランドといえばイギリスの英国国教会にたいしてカトリックである、という位置づけであるが、彼らの実際の民族アイデンティティは「ケルト」である。

ケルトはローマやカトリック協会の隆盛の以前から大陸欧州で力を持っていた民族。詳しいことは知らんが、ケルトクロスのイメージ。

 

82.フランス かつてのナポレオン王国

83.イタリア かつての古代ローマ帝国

 

84.スペイン 大航海時代の覇者、無敵艦隊アルマダ

 スペインに来たハプスブルク家のフェリペ二世の頃が最盛期であった。この頃の海軍を無敵艦隊と言う。

 1500年前後のいわゆる大航海時代は、スペイン・ポルトガルの覇権時代とも見れる。ただし、実際はもっと広い目でみるとイスラム世界や中国の方が文明・経済のレベルで発展していた。

 スペイン(イベリア半島)はそれまで長くイスラムに支配されていた。この頃からのイスラム文化西洋文化に融合して、パエリアなど特色的な料理ができる。

 イスラム支配のため、大航海時代もスペインはポルトガルに遅れをとるが、1949年のコロンブス(スペインの支援)のアメリカ大陸発見により大きく追い上げる。ゆえに、南アメリカの大部分はスペイン語圏である。

 まあ、紆余曲折を経て現在のスペイン(及びポルトガル)は先進国の前線からは退いている。

今のスペインはパッションの国。闘牛。背はさほど高くないがモテる。

 

85.ポルトガル 「南蛮」

プロテスタントによる宗教革命以後、カトリック世界は対抗改革を始める。この代表がイエズス会である。イエズス会はアジアなどいまだキリスト教が進出していない地域に積極的に宣教師を派遣し、布教を行なった。

その宣教師の一人が、フランシスコザビエルである。日本にやってきたカトリックは瞬く間に広がり、日本人は彼らカトリックポルトガル人を「南蛮人」と呼んだ。日本ではこの影響でポルトガル語源の言葉がいくつもある。ブランコ・ビスケット・ボタン・かるた・金平糖・襦袢…と多数にわたる。

 以上のような大航海時代を経て、アフリカ諸国やブラジルなど、世界中でポルトガル語圏は点在しており、ポルトガル語諸国連合(PALOP)を形成したりしている。

 

86.スイス 永世中立国

 4つの公用語

 

87.アンドラ 山ばっかのミニ国家

 山・山・森。この国の特徴を知ろうとしても、山と森が多いぐらいしかわからなかった。すまん。

 フランスとスペインとの国境にあるミニ国家である。

 

88.モナコ GDP/人で世界一

 モナコグランプリ。国連加盟国の中で1番小さな国(バチカンよりはでかい)で、人口密度も高い。そして、金持ちである。

 

89.サンマリノ 

 

90.マルタ マルタ騎士団

地中海に浮かぶ島国である。ヨーロッパのなかで最も非識字率が高い。

 冷戦の終結の舞台になる「マルタ会談」で有名。

 

(補)バチカン

(補)グリーンランド

 

 

〈アフリカ〉54か国+1

91.エジプト intercontinental

 

 

マグリブ(4)

92. リビア カダフィ大佐

 長年においてカッザーフィ(カダフィ大佐)という独裁者が支配していた。アラブの春を通じて近年民主化カダフィ大佐は殺される。しかしその結果、新体制を築こうとする勢力が林立し内乱が発生することになる。

 こうした状況もあり、カダフィ大佐実はいい奴だった説がある。その根拠として、積極的な経済政策、砂漠が広がるラビアの国土に世界最大の灌漑施設を建設するなどをしたことなどがある。

 一方で、カダフィ大佐は露骨な販売態度や凡アラブ主義といった原理主義的態度から、アラブを含め国際的にも浮いていた。

 

93.アルジェリア アウグスティヌス(キリスト教神学、三位一体説)

 アウグスティヌスキリスト教神学の父と呼ばれる。彼はアルジェリアの人であった。

 アルジェリア

 

94.チュニジア カルタゴ遺跡

カルタゴは「ポエニ戦争」にて初期にローマに敗れたところ。ここから地中海におけるローマの覇権が確立される。

 

95.モロッコ (未)

カサブランカ

 

(補)西サハラ 砂の壁

 

サヘル(6)

96.モーリタニア 太った女性がモテる国

97.セネガル (未)

98.ガンビア ガンビア川流域のみのミニ国家

99.ブルキナファソ カウボーイのモシ人

100.ニジェール 砂の国

101.チャド 「湖」?

 

ほか西アフリカ

102.ギニア 西アフリカの水がめ

103.ギニアビサウ カシューナッツ

104.シエラレオネ イギリス解放奴隷の国

105.リベリア アメリカ解放奴隷の国

106.コートジボワール(IvoryCoast) カカオ輸出世界一

107.ガーナ 民族衣装ケンテ

108.トーゴ (ブードゥー)呪術マーケット

109.ベナン ブードゥー教発祥のダホメ王国

110.ナイジェリア アフリカ1位の人口と経済

 

111.カーボベルデ ディアスポラが盛んな島国

 

アフリカの角(4)

112.エチオピア 世界最古の王室

113.エリトリア (未) エチオピアじゃない方

114.ソマリア 海賊が暴れてる国(三政権の内戦)

115.ジブチ 軍事拠点の小国

 

116.スーダン マグリブサブサハラの境界

 

東アフリカ(6)

117.南スーダン ナイル系ディンカ族(キリシタン)

118.ケニア 東アフリカのハブ

119.タンザニア (未)

120.ウガンダ 西ゴリラ

121.ルワンダ フツ族(多)とツチ族(少)

122.ブルンジ フツ族(少)とツチ族(多)

 

中部アフリカ…XAF採用国

重複★123.チャド 

124.中央アフリカ 無視される危機

125.カメルーン アフリカの蝶番

126.ガボン 東ゴリラ

 

127.赤道ギニア アフリカで唯一のスペイン語

ガボンに囲まれた小さな国

 

128.RC(コンゴ) RCの7倍豊かな共産主義国

129.DRC(コンゴ民主) 戦後最大の戦争(第二次コンゴ戦争)

130.サントメ・プリンシペ ポルトガル語圏の島国

 

南部アフリカ

131.アンゴラ 歯車と鉈

特徴的な国旗。共産主義の象徴である朱地に鎌と槌を歯車と鉈に描き換えている。

アンゴラは黒人奴隷の巨大な輩出国である。

 

132.ナミビア スケルトンコースト(ナミブ砂漠)

有名な海洋砂漠であるナミブ砂漠がある。海沿いに砂漠がある、鳥取砂丘のでかい版みたいな幻想的な風景が見られる。スケルトンコーストと呼ばれるところがあふ。

 

133.ザンビア アフリカ一平和なカッパーベルト(銅)

134.ジンバブエ 旧ローデシア(白人政権)

135.ボツワナ ダイヤモンド

136.マラウイ (未)

137.モザンビーク 黒人侍「弥助」の出身地

138.南アフリカ アパルトヘイト

139.レソト 天空の国

140.エスワティニ 二頭政治(Diarchy)の王国

141.マダガスカル 8番目の大陸

142.コモロ連合 首相をローテーションする島国

143.モーリシャス 印僑の島国

144.セーシェル HDIアフリカ最高の島国

 

オセアニア〉14か国+8

145.オーストラリア ボーキサイト世界一

146.ニュージーランド パキア(白人)とマオリ(原住民)

 

メラネシア(4)

147.パプアニューギニア 最古の貝貨

148.ソロモン諸島 ガダルカナル島

149.バヌアツ エロマンガ島

150.フィジー Findianとの共存

(補)ニューカレドニア

 

ミクロネシア(4)

151.ミクロネシア連邦 旧日本領南洋諸島

152.パラオ 親日

153.マーシャル諸島 世界2位の船籍国

154.ナウル 肥満と堕落

(補)グアム

(補)北マリアナ諸島

(補)小笠原諸島

 

155.キリバス ガチの方の日出ずる国

日付変更線を見ると南半球のところがすげーグニャッとボコっとなっているところがある。そこがキリバス

世界で1番最初に日が昇る国である。ミクロネシアポリネシアの両方にまたがる地域圏。

 

ポリネシア (3)

156.ツバル 沈みかけの島

157.サモア 太った女性の母系社会

158.トンガ オセアニア島嶼国で唯一の元帝国主義国

(補)クック諸島

(補)アメリハワイ州

(補)イースター島

(補)ニウエ

 

〈北米〉

159.カナダ カナダ楯状地

 

160.アメリカ 世界最強

数十年でRelationshipはだいぶ変化したものの、依然世界一の軍事・経済大国。(GDP2000兆)

 

161.メキシコ 銀

世界史では、ヨーロッパでインフレを巻き起こすほど大量の銀を産出(価格革命)。メキシコ(イスパニア)銀は中国へも渡る。

現在も銀の輸出世界一。

他で有名なのは、タコスとサボテン。

 

〈中米〉7か国

162.グアテマラ マヤ文明の中心

163.ベリーズ カリブ海の宝石

164.エルサルバドル マキリシュア(桜とそっくりの花)

165.ホンジュラス FISHNADO

166.ニカラグア 世界最長の独裁(ソモサ王朝)

167.コスタリカ  中米の楽園

168.パナマ 世界1位の船籍国

 

〈カリブ島嶼国〉13カ国

169.バハマ (未)

(補)タークス・カイコス諸島

 

アンティル(4)

170.キューバ チェ・ゲバラカストロ

共産主義革命とキューバ危機。身体能力が半端なくて、男子バレーとかが強い。

 

171.ジャマイカ 大麻とレゲエ

ボブ・マーリーのとこ。ボブ・マーリーは黒人の解放を訴える(詳細は省く)「ラスタファリ運動」を主導。それによりドレッドヘアやレゲエ、大麻文化が発祥する。

陽気で飄々とした雰囲気の下にある重いメッセージが魅力的な国。

 

172.ハイチ 初の黒人奴隷革命

旧フランス植民地で、初の黒人奴隷革命を成功させた国。しかし、その後フランスに多額の賠償金を要求され、返済のため経済が疲弊、禍根を残す。

近年ではハイチ大地震津波で大きな損害を出す。

文化面では、フランス語とのクレオール音楽が有名。

近年は森林伐採が問題になっており、隣国DRとの陸の国境線が森林の濃淡で衛星写真から確認できるほど。

 

173.ドミニカ共和国(DR) ハイチから独立したカリブの優等生 

 

(補)プエルトリコ

 

アンティル、リーワードLeeward(2)

174.セントクリファー・ネービス 3000万で買える市民権

175.アンティグア・バーブーダ オバマ

(補)ヴァージン諸島

 

アンティル、ウインドワードWindward(6)

176.ドミニカ パイレーツ・オブ・カリビアンの舞台

177.セントルシア サンタルチア

178.バルバドス リアーナ・ラム酒・トビウオ

179. セントビンセントおよびグレナディーン諸島 (未)

 

180.グレナダ スパイスアイランド

道歩いてるとスパイスの香りがするくらい、スパイスアイランドな国。なかでもナツメグが多い。

 

181.トリニダード・トバゴ アスファルトの湖(ピッチ湖)

 

〈南米〉12か国

182.エクアドル バナナ輸出世界一

エクアドルは「赤道」と言う意味で、その名の通り赤道直下にある。白地図に赤道書けって言われた時によくチェックするところ。

 

183.コロンビア バラバラ・多様性の国

政治がバラバラ、土地の風土がバラバラ、文化がバラバラなど、色々バラバラな国。よく言うとダイゔぁーシティな国。生物も多様。

 

184.ベネズエラ 石油界のホープ兼南米の問題児

シェールガス革命から、世界最大の石油埋蔵国に躍り出た石油界のホープ

マドゥロ大統領がやや暴走気味で、南米大陸の「MERCOSUR」からハブられる。

 

185.ガイアナ インド以外唯一のヒンドゥー教国教の国

旧宗主国はイギリスで、インド移民が多く流入したため、ヒンドゥー教を国教に指定している。

南米大陸の北に位置するが、カリブ海諸国連合の「CARICOM」の本拠地を構えるなど、ハートはカリブの国。

ギアナ高地ガイアナと他数カ国にまたがる。(ギアナギニアビサウ赤道ギニアは無関係。ややこしや)

 

186.スリナム アメリカ唯一のオランダ語

 

187.ペルー インカ文明の中心

ナスカの地上絵・マチュピチュなど、インカ帝国の文明はペルーが中心だった。

 

188.ボリビア 唯一ネイティブアメリカンが多数派の「コカ」の国

ボリビアは世界唯一ネイティブアメリカンが多数派である国。

「コカ」はコカインの原料だが、ボリビアでは伝統的にコカの葉で作ったお茶を嗜む。ついでにコカインも嗜んでいるとの疑惑がある。

 

189.チリ 銅

南米アンデス山脈に沿って東側にある、細長い国。日本に並んで地震が死ぬほど多い。

銅は世界最大の産出。

あとワインが有名。

 

190.アルゼンチン 銀以外の鉱物

アルゼンチンとは「銀」という意味である。大航海時代の競争にて、南米に銀を求めた西欧人がやってきた。しかし皮肉にもアルゼンチンは銀の産出が無い国だった。ただ、銀以外の鉱物は山ほど出る。

南米大陸の南端に位置するため比較的暑さが穏やかなため、白人は好んでアルゼンチンに住んだ。ゆえに現在南米でも人種のなかで白人の比率が高い国である。

 

191.ウルグアイ 24時間マテ茶を持ってる方

ウルグアイ人とパラグアイ人の違いとは、24時間マテ茶持ってる方がウルグアイ人である。

 

192.パラグアイ 冷やしたマテ茶を飲んでるグアラニー

 

193.ブラジル 生物多様性No.1

ブラジル人は黒人なのか白人なのか。正体はPardoと言われる混血。ブラジルは世界でもトップクラスに混血が進んでいる国であるため、もはや黒人とは白人とかアジア人とかいう概念が消滅しかかっている。

日本で始まって真反対の国ブラジルで終わったった。どや

 

(補)仏領ギアナ